隈笹濃縮エキス・クロロフィルなどの健康に有用な成分を豊富に含有

隈笹濃縮エキス・クロロフィルなどの健康に有用な成分を豊富に含有

隈笹は、多くの日本人が普段からよく目にしている植物です。ちまきや押し寿司などを包む、あの葉っぱです。殺菌効果や防臭効果を持つため、日本では昔から保存食とともに使われてきました。
 
隈笹は、イネ科に属する笹の仲間でいくつかの種類がありますが、濃縮エキスに主に使われるのは「クマイザサ」という、北海道に自生するものです。
 
隈笹は、隈笹と表記されることもありますが、名前の由来を考えると「隈笹」が正しいでしょう。厳冬期になると、葉が隈取りのように白くなることから、この名前がついたそうです。
 
隈笹は、ひじょうに生命力が強い植物として知られています。その理由は「枯れないこと」。隈笹は、3ヶ月から4ヶ月かけて成長しますが、その後は枯れることがありません。長いものでは約100年もの間、枯れることがないそうです。隈笹は頑丈で長い根っこを持っていて、ここから地中の栄養を葉っぱまで運んでいるのです。
 
このように強力な生命力を持つ隈笹。隈笹のエキスには活力源となる成分が多く含まれています。キシロオリゴ糖、クロロフィル(葉緑素)、リグニンなどを理想的なバランスで含む隈笹。ただ、これらの成分を抽出することは容易ではありません。成分抽出のためには、たくさんの隈笹を用意しなければなりません。原料となる隈笹は、越冬を経験し、繊維が鍛えられたものが使われます。このような繊維を持つ隈笹には、多くの有効成分を抽出することができるからです。
 
しかし、エキスの抽出には、まず準備の段階で多くの手間がかかります。隈笹はエキスの抽出前に、長い期間をかけて乾燥させる必要があります。隈笹には人間が分解することのできない成分が含まれているため、その成分を、時間をかけて分解します。この間、約3年。ようやく有効成分を抽出可能な隈笹ができあがります。
 
隈笹濃縮エキスは、北海道立の専門機関が推奨する方法で抽出されます。大雪山系の厳しく、そして美しい自然で育つ隈笹が使用されます。葉と茎の両方を材料とすることで、豊富な成分が含まれる「濃いエキス」ができあがるのです。

 

おすすめの店舗

健康・野草茶センターの隈笹濃縮エキスです。
北海道東部の大雪山系に自生する高さが約1~2m、葉が約20cmにもなるクマイザサという種類のクマ笹を厳選して使用しています。
クマ笹濃縮エキスにはササ多糖体と言われる有用成分がとても多く含まれていますが、このササ多糖体は私たちが毎日健康で元気で丈夫な生活を送る上でとても重要な働きをもつ成分であると多くの研究者により発表されています。

隈笹濃縮エキスで、健康な体作りを始めてみませんか?